男性のクラミジアの症状

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

男性のクラミジアの症状

クラミジアの症状は男性と女性とで異なります。それぞれどのような異常が見られるのか、しっかりと踏まえたうえで確認しておきたいところ。一方が感染に気づいてもパートナーが気づいていない場合、また感染してしまう恐れがあるからです。

 

では男性のクラミジアにはどういった症状が見られるのでしょうか。男性の場合は症状が性器、とくに尿道に集中する傾向があるため、わかりやすいといえばわかりやすいといえます。

 

おもなところでは尿道のかゆみや不快感。はっきりとしたかゆみではなく、「なんとなく変な感じがする」といった微妙な感覚であらわれることもあります。あるいは尿道から膿が出てくることも。こちらははっきりとした異常として見極めやすいでしょう。ただ量はあまり多くないのでよくチェックすることが大事です。また炎症によって排尿時に痛みを感じることもあります。

 

尿道以外では発熱があります。風邪を引いたわけでもないのに微熱状態がズルズルと続いている場合には要注意。体調不良で片付けずクラミジアの疑いをかける必要があります。それから精巣部分に腫れが見られるケースもあります。

 

こうした症状は見極めやすいものとそうでないものがあるため、日ごろからよく確認しておくことが大事です。少しでも日常生活と異なる症状が見られ、感染の心当たりがある場合にはすぐにでも検査を受けるようにしましょう。放置しておくと前立腺炎などの病気を引きおこすこともあるので注意が必要です。

クラミジアに感染していました! 26歳・男性 -性感染症体験談-

 

クラミジアに感染していました。先月、会社の飲み会の帰りにムラムラとした欲求を抑えきれず、誘惑に負けて風俗を利用しました。

 

クラミジアの症状

その後、数日経ってから、オシッコをする時に尿道に違和感が出ました。最初はむず痒いような感じでオシッコが終わる時に沁みるような軽い痛みがありました。さらに翌日の朝、起きるとムスコの先、尿道口のあたりがパンツに張り付いているような感じがします。「あれ?分泌物みたいなのが出てる?」

 

我慢できないほどの症状ではなかったのですが「これは絶対性病だ!」と思ったので、午前中会社を休んで泌尿器科を受診しました。その後検査結果を聞きに行くと、案の定「クラミジア」に感染しているとのこと。そのままにして置くと前立腺炎などになるということで抗生物質を処方して貰い服用しました。

 

幸い他の性病には感染していなかったのですが、クラミジアに罹っていると他の性病にも罹りやすくなるんだとか。風俗でクラミジアに感染、その後症状が出なくなった(または最初から無症状)からそのまま放置している人が結構多いと聞きました。他の性病に掛かる前に早めに検査して処置しておくことをおすすめします。

エイズや淋病などの性感染症への感染率が3〜5倍に!

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

すぐに調べたい!まとめて調べたい!…クラミジアのチェック検査はこちらから