クラミジアと前立腺炎

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

クラミジアと前立腺炎にはどのような関係があるのでしょうか?

男性がクラミジアに感染した場合、前立腺炎の併発に注意しなければなりません。女性に比べて深刻な症状がおこる恐れが少ないといわれている男性のクラミジアですが、前立腺炎は男性ならではの厄介な症状として注意が必要です。

 

感染してから1週間程度経過すると原因となるクラミジアトラコマティスが尿道にまで侵入を開始します。この段階で尿道のかゆみや膿といった自覚症状があらわれるのですが、さらにその後病原体が前立腺にまで到達し、炎症をもたらすのです。

 

前立腺炎にかかると前立腺に腫れが生じ、微熱状態になります。さらにそのまま症状が進んでいくと排尿時への痛み頻尿排尿困難などに陥ります。また、クラミジアに感染したら完治するまで性行為はご法度ですが、射精の際にに肛門と睾丸の間に痛みがはしる場合もあります。精液に血が混ざることも。

 

厄介なのはクラミジアの自覚症状と前立腺炎の初期の症状の区別が難しいこと。気がついたら炎症がかなり重症に進行してしまっているケースも見られます。また、前立腺炎だけを治療したのでは不十分で、クラミジアの治療もしっかり行わなければなりません。どちらも医療機関で検査を受けることそのものに抵抗を感じる病気ですから、ついつい対処が遅れてしまいがち。最悪の場合カテーテルを使用なければならないほどの排尿困難に陥ってしまうこともありますから、油断せず、少しでも気になる症状が見られた場合には検査を受けるよう心がけましょう。

エイズや淋病などの性感染症への感染率が3〜5倍に!

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

すぐに調べたい!まとめて調べたい!…クラミジアのチェック検査はこちらから

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる