クラミジアと尿道炎

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

クラミジアと尿道炎にはどのような関係があるのでしょうか?

クラミジアが男性にもたらす病気の中でももっとも多いのが尿道炎です。男性の場合、病院となる病原体、クラミジアトラコマティスは尿道から入り込んで感染することが多いため、この部分に異常が生じやすいのです。また、クラミジアの初期段階の自覚症状として感染の有無を確認する重要な手段ともなります。

 

クラミジアに感染してから1〜2週間くらいの間に尿道炎が発症するケースが多いようです。ただ、症状が軽いことが多く、見極めが難しい面もあります。代表的な症状としては尿道のかゆみや不快感排尿時の違和感や痛みしみる感じなどです。少しでもいつもと違う感じがしたら疑ってかかるべきでしょう。これらは尿道炎だけでなく、クラミジアの自覚症状としても重要です。

 

また炎症によって尿道から膿が出てくることもありますが、ごく少量であまりドロドロとしていないため判別しにくい場合が多いようです。この点は個人差があるので難しい面があります。

 

放置しておくとクラミジアが尿道から前立腺に達し前立腺炎をもたらすこともありますし、淋病やエイズのリスクを高めることにもなります。尿道炎の段階で症状を抑えることが重要だといってもよいでしょう。

 

オーラルセックスから感染することもあるだけに、性行為の有無だけで感染を判断できないのも男性のクラミジアの難しいところ。症状が見られた場合にはまず心当たりがないかを確認し、ある場合には簡単に対処できる段階で治療を受けることが求められるでしょう。

エイズや淋病などの性感染症への感染率が3〜5倍に!

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

すぐに調べたい!まとめて調べたい!…クラミジアのチェック検査はこちらから

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる