女性のクラミジアの症状

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

女性のクラミジアの症状とはどのようなものでしょうか?

女性のクラミジア感染には注意が必要です。女性の場合、感染者のおよそ50%には症状がまったくあらわれないといわれているからです。気づかないまま複数の相手と性行為を行った結果、被害をどんどん拡大させてしまう恐れもあるのです。また、女性のクラミジア感染では女性ならではの体調不良との見極めが難しく、見極めをつけないままズルズルと検査や治療を引き伸ばしてしまうことも多いので気をつけたいところ。

 

女性のクラミジアの症状の代表格といえるのがおりものの増加。日ごろから量を確認し多くなった場合は心当たりがないか確認してみるようにしましょう。それから下腹部の痛み。比較的わかりやすい症状といえますが、一方では体調不良や生理不順などと混同されてしまうことが多く、クラミジアと判断するのが遅れてしまいがち。こちらも心当たりがないかどうかよく見極めることが重要になってくるでしょう。

 

他には不正出血。こちらも生理不順と混同されやすいので注意が必要なのですが、出血の場合は感染が深刻な状況にまで達している可能性が高く、放置しておくと卵管炎や不妊症をもたらす恐れがあります。感染が体の内部にまで拡大していけばいくほど深刻な状況になるのでできれば出血が見られる前に発見・治療したいところです。

 

もうひとつ女性のクラミジア感染で注意したいのが性行為の際の痛み。この場合、すでにクラミジアに感染していた場合、相手に感染させてしまう可能性が高くなります。気になったら自分だけでなく、パートナーにも検査を受けるよう促しましょう。

 

男性に比べて放置しておくとより深刻な症状に陥ることが多いため、初期症状の段階で対処することが何よりも重要なポイントとなります。

結婚前の検査でクラミジアに感染していることが…32歳・女性-性感染症体験談-

4年間付き合ってきた彼と6月に式を挙げることになり、一応念の為にと性感染症の検査を受けてみることにしました。彼と付き合い始めてからは彼以外との性交渉はありませんでしたし、全く不安もなくあくまで念の為という感じでした。

 

検査結果が出てびっくり!クラミジアに感染していることが分かりました。え?なぜ?という感じです。ただ、改めて思い返してみると「最近、ちょっとオリモノの量が多いかな?」とは思っていました。でもそれ以外は全く思い当たる症状はありませんでした。

 

あわてて彼にも検査を受けさせてみるとやっぱり陽性…。幸いなことに二人ともほかの性感染症には感染していませんでしたが、クラミジアに感染していると梅毒やエイズにも感染しやすくなるということで結婚前に検査を受けて本当によかったと思いました。

エイズや淋病などの性感染症への感染率が3〜5倍に!

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

すぐに調べたい!まとめて調べたい!…クラミジアのチェック検査はこちらから

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる