クラミジアの感染経路

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

クラミジアの感染経路とはどのようなものでしょうか?

クラミジアは感染者数が非常に多い性感染症です。自覚症状が乏しく、知らないうちにどんどん感染を拡大させてしまうことが多い病気でもあります。ではそんなクラミジアはどのような感染経路を経て感染するのでしょうか。

 

クラミジアはクラミジアトラコマティスという細菌が原因で感染します。この細菌はおもに粘膜同士の接触、あるいは精液や女性の膣からの分泌液を通して感染していきます。そのため、感染経路は性器や口といった粘膜の接触がまず第一となります。

 

注意したいのは性行為だけでなく、オーラルセックスでも感染する可能性があること。つまり咽喉から性器、性器から咽喉という感染経路もありうるわけです。咽喉に感染した場合はとくに気づかずに放置してしまうことが多く、感染の範囲を拡大させてしまう原因となります。

 

感染を防ぐためにはすでに感染した人との性行為、オーラルセックスを避ける事はもちろんですが、粘膜や分泌液との接触を避けることも大事です。できるだけ避妊具の使用を心がけるべきでしょう。ただ、避妊具だけでは粘膜同士の接触を完全に防ぐことはできないため、絶対に安全な対策方法とはなりえていないのが実際のところ。不特定多数の相手は性行為をしないよう心がけること、パートナーの健康状態を確認しておくこと、そしてもし感染したときのために感染経路を確認できる環境にしておくことが重要となります。

 

自分が被害者にも、加害者にもなりうるクラミジア。知らなかったではすまない面もありますから、感染経路をしっかりと確認した上で性生活を送ることが求められます。

エイズや淋病などの性感染症への感染率が3〜5倍に!

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

すぐに調べたい!まとめて調べたい!…クラミジアのチェック検査はこちらから

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる