クラミジアの感染率

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

クラミジアの感染率はどれくらいなのでしょうか?

クラミジアの患者は国内だけで100万人にも達するといわれています。100人に1人くらいの割合で感染しているわけです。もっとも患者数が多い性感染症とも言われていますが、その理由には自覚症状が乏しいことに加え、感染率の高さが挙げられます。すでに感染している人と一度性行為をしただけで感染してしまうケースが多いのです。

 

ではクラミジアの感染率はどの程度なのでしょうか。感染に気づかずに放置してしまっている人も多いため、具体的な数字を出すのは難しい面もあるのですが、およそ50〜80パーセント程度と言われています。つまり感染した人と2回性行為をすればほぼ確実に感染するわけです。この数字ひとつとってもいかにこの性感染症が恐ろしいものかがわかります。

 

たとえば感染した人が3人の異性と性交渉をもった場合、そのうち2人が感染する確率となります。その感染者がまた3人の異性と性交渉を持てば…被害がどんどん拡大していくのが容易に想像できます。

 

さらにクラミジアの場合、オーラルセックスによる咽喉への感染もあるだけに被害の拡大はさらに大きくなります。

 

誰でも性感染症に関しては「自分には関係ないもの」と考えてしまいがち。しかしこの感染率からもわかるように、いつ自分に発症するかわからない面もあるのです。そうならないよう、不特定多数の相手との性交渉は防ぐこと、ちょっとでも気になる自覚症状があらわれた場合にはすぐに検査を受けることが求められます。自分が感染の拡大に一役買うようなことは避けたいものです。

エイズや淋病などの性感染症への感染率が3〜5倍に!

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

すぐに調べたい!まとめて調べたい!…クラミジアのチェック検査はこちらから

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる