クラミジアとエイズ(HIV)

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

クラミジアとエイズ(HIV)記事一覧

クラミジアを放置しておくと免疫力の低下により他の病気を併発するリスクが高まります。もっとも多いのが淋病ですが、もうひとつ注意しなければならないのがエイズ(HIV)です。かつては「死の病」と言われたエイズ(HIV)、現在でもその恐ろしさが広く知られていますが、一方では特別な病気、日常生活の中で感染するリスクに溢れているようなイメージはもたれていません。しかしクラミジアに感染している人はそうでない人に...

エイズ検査は通常「HIV抗体検査」という方法で行われます。原因となるHIVウイルスの感染の有無を調べる方法です。このエイズ検査は簡単に言えば血液検査で、血液を採取したうえで抗体を調べます。抗体とは細菌や病原体が侵入した際に作られる物質のことで、感染していた場合には血液中のこの抗体が発見されることになります。注意が必要なのは検査を受ける時期。感染してすぐに検査で陽性・陰性を確認できるわけではなく、一...

エイズ(HIV)の感染率はどの程度なのでしょうか?感染から発症まで時間があることともあり、感染してすぐに確認できるケースが少ないため具体的な数字を出すのが難しいとも言われています。ただ全体的な傾向として女性の方が感染率が高いことが明らかになっています。この感染率の男女差は体の構造の違いが大きな原因とされています。セックスの際に膣からの方がHIVウイルスが感染しやすいとされており、感染率は数倍にも及...

エイズ(HIV)は現代医学でもまだ完全な治療方法が確立されておらず「死をもたらす病」とも言われています。実際には発病を遅らせたり、健康状態を長く維持する治療方法が確立しており、「エイズ感染=死」というイメージは薄らいでいる面もあります。エイズ(HIV)の恐ろしいところは免疫力が機能しなくなってしまうことです。血液の中にはウイルスや細菌が侵入してきたときに攻撃して体を守る「CD4陽性細胞」と呼ばれる...

エイズ(HIV)を予防するためにはまず感染経路を把握しておくこと、そしてその経路をシャットアウトするための適切な対策方法を知っておくことが大事です。まず性行為による感染。日常生活でできる予防ではこれがもっとも重要な選択肢となるでしょう。注意が必要なのは通常のセックスだけでなくオーラルセックス、アナルセックスなどでも感染する可能性があることです。とくにアナルセックスの場合は通常のセックスに比べて感染...