咽頭クラミジア

自宅でも出来る咽頭クラミジア検査

咽頭クラミジア記事一覧

咽頭クラミジアは主に性行為によって感染する性病(STD)の1種です。クラミジアは現在日本において最も罹っている人の割合が多い性病(STD)です。陰部などを中心として発症する通常の性器クラミジアと咽頭クラミジアはどちらも同じクラミジア・トラコマティス菌という病原体によって引き起こされます。性器クラミジアに罹っている人で咽頭クラミジアにも罹っている人もいます。また逆に咽頭クラミジアには罹っているものの...

咽頭クラミジアに感染していてもほとんどの人は症状がありません。男女ともまったく無症状という人が過半数を占めています。この自覚症状に乏しいというのはたいへん重要な点です。また咽頭クラミジアの初期症状がある人でも、喉の違和感や喉の腫れ、喉の痛み、発熱などが大半でほとんどの人はカゼをひいたと勘違いして勝手に総合感冒薬などを服用して様子を見るケースが増えています。あるいは何もせずにそのまま放置するという人...

咽頭クラミジアの感染経路としてもっとも多いのはオーラルセックス(フェラチオ、クンニリングス)によるものです。以前は日本人はあまりオーラルセックスを行わない民族でしたが、さまざまなスタイルが海外特に欧米から移入してくると同時に、オーラルセックスも好んで行われるようになってきました。その結果が咽頭クラミジアの爆発的な感染です。咽頭クラミジアの原因であるクラミジア・トラコマティス菌は主に人の粘膜が接する...

咽頭クラミジアの潜伏期間は、一般的に早い場合で1週間程度、また遅い場合では3週間程度かかることもあるとされています。この比較的長い潜伏期間は多くのリスクを持っています。咽頭クラミジアの潜伏期間中であってもとうの本人は初期症状も無いため、感染していることにはまったく気がついていません。そこで何らためらうこと無く多くの不特定多数の相手と性行為を繰り返すことがあります。咽頭クラミジアでは感染した直後では...

咽頭クラミジアの検査方法は、男性と女性で同じ方法となります。咽頭クラミジアの検査方法としてはまず検体を喉の粘膜の奥の方から長い綿棒を用いて採取します。この際「おえっ」となることもありますが、性病(STD)の検査としては最も簡単に行うことができるものの1つです。咽頭クラミジアの検査方法では、患者の検体の採取から感染の有無が判明するまでには1時間程度しかかかりません。また他の方法として採血によるものが...

咽頭クラミジアの症状は、風邪の症状とひじょうによく似ています。主な症状としては喉の痛みや違和感、喉の腫れや赤み、微熱、発熱などがあります。そのため咽頭クラミジアであるにもかかわらず市販の風邪薬などで様子を見ようとする人がほとんどです。では咽頭クラミジアと風邪とはどのように見分けたらよいのでしょうか。まず確実な方法は風邪で通院すべき内科を、性病科に変えてみることです。性病科であれば咽頭クラミジアに感...

咽頭クラミジアの治療方法は現在ではほとんどの医療機関が同じような方法を用います。それは咽頭クラミジアの原因であるクラミジア・トラコマティス菌を抗生物質で排除する方法です。咽頭クラミジアの治療で用いられる抗生物質には3種類のものがあり、ジスロマックやクラリスなどのマクロライド系抗生物質、ビブラマイシンやミノマイシンなどのテトラサイクリン系、そしてクラビット、タリビットなどのニューキノロン系となります...

ひじょうに感染力が高いと言われる咽頭クラミジアですが、 キスだけでもうつることはあるのでしょうか。これは答えから先に言えば「Yes」です。少々ショッキングかもしれませんが、咽頭クラミジアの原因となるクラミジア・トラコマティス菌はひじょうに感染力が強く、また全身の粘膜に存在するため、粘膜同士が触れたり、こすれ合うだけでも感染することがあるのです。とはいえキスの仕方にもさまざまなものがあります。おばあ...

咽頭クラミジアは母子感染するのでしょうか。咽頭クラミジアはひじょうに感染しやすい性病(STD)です。その感染力の強さのため母子感染することがあるということが認められています。通常の性行為における咽頭クラミジアの感染力は実に8割程度とひじょうに高いのですが、母子感染の場合にはもう少し確率は下がります。しかし決して安心することはできません。新生児が母子感染によって咽頭クラミジアをうつされた場合には結膜...

咽頭クラミジアは特にその感染初期においては、これといった重い症状などもないため、ついつい放置されてしまうことがあります。しかし咽頭クラミジアも他の多くの病気同様、発見するのが早ければ早いほど完治できる可能性が高くなります。咽頭クラミジアは自然治癒することはありません。一部の噂では自然治癒することがあるとされていますが、これはたいていの場合、他の病気などにかかって抗生物質を大量に投与された際などにそ...