クラミジアと淋病

本当は怖い性感染症クラミジア。こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査

クラミジアと淋病記事一覧

クラミジアが厄介なのは自覚症状に乏しいこと、そして放置することによって免疫力が低下するなど気づきにくいリスクが進行していくことです。その中でもとくに注意したいのが別の性感染症を併発するリスク。じつはクラミジアの感染者の20〜30パーセントは淋病にも感染しているというデータもあります。もともとクラミジアそのものの感染率が非常に高い(50〜80パーセント)うえ、感染すると他の性感染症の発症リスクが高く...

淋病はクラミジアと並んで症例の多い性感染症です。またクラミジアと併発するケースも多く、どちらも併せて予防と早期の治療に努める必要があります。そんな淋病の特徴はクラミジアに比べて初期症状があらわれやすいこと。そのため併発した場合でも淋病の症状から感染に気づくケースが良く見られます。それだけにあらかじめどのような初期症状が見られるのかをしっかりと把握しておきたいところです。男性の性感染症の症状はもっぱ...

全般的に見て女性の性感染症は男性に比べて初期症状・自覚症状ともに乏しく、気づきにくいのが特徴です。しかも男性に比べて放置しておくと不妊症など深刻な症状に陥りやすいので注意が必要です。この点は淋病においても同じことが言えます。女性の淋病の多くはまったくの無症状とも言われています。感染しているにも関わらず自覚症状が見られないためそのまま放置してしまい、感染が体の奥にまで進行して深刻な症状へと発展させて...

淋病の予防や治療をしっかりと行っていくためには感染経路と潜伏期間をしっかり把握しておく必要があります。少しでも疑いが見られた場合には性交渉は控える、あるいは感染時期と疑われる時以降にセックスをした相手全員が検査を受けるといった対策が求められるからです。そんな淋病のおもな感染経路はやはり性行為。セックスを介しての感染率は約30パーセント程度といわれています。クラミジアに比べると低い水準ですが、クラミ...

淋病はセックスでの感染率が30パーセント程度といわれ、かなり感染のリスクが高い病気です。自分が感染してしまうだけでなくほかの人に感染させてしまうことも考慮したうえでできるだけ早い治療が求められるのです。そんな淋病の治療方法はおもに抗生物質の投与で行われます。この辺はクラミジアに代表される他の性感染症と同様で、直接の原因となる淋菌を抗生物質で退治することが目的となります。広く治療に使用されている抗生...